FC2ブログ

ネイティブ・モリオカン

平日は東京の文京区・中央区で生活。休日は・・・?

富山県内を旅する その2(宇奈月温泉)

Posted by hissan on   0  0

前回の続きです。
氷見から途中の能町駅で降りました。
1Q5A6992.jpg

ここで降りたのは、万葉線に乗るためです。
終点の越ノ潟まで行きたいところでしたが、時間がなく、高岡市内の軌道区間に限定して乗車しました。
能町駅から、新能町電停に移動。

能町駅の北側には線路が分岐している所があります。
1Q5A6994.jpg

左側は、氷見線の氷見方面です。
右側は、JR貨物の新湊線です。
その先には、高岡貨物駅があります。
中越パルプという紙の製造工場があり、この輸送の一役を担っているようです。

さて、新能町電停に移動。
1Q5A6995.jpg

本数は15分おきとパターンダイヤが設定されています。
1Q5A6999.jpg

待っていると、比較的新しいLRV車両がきました。
地元のおばちゃんと少し話す時間がありましたが、その人曰く、これは当たりの車両とのこと。
1Q5A7002.jpg

乗ると、放送に一癖ありました。
車内の放送は、沿線出身の立川志の輔。個人的には、ちょっとやかましい印象でしたが・・・。

車内放送のうんちくを聞きながら、高岡駅に到着。
駅周辺を散策しました。
1Q5A7009.jpg

高岡駅の駅舎は、橋上駅舎です。
1Q5A7017.jpg
2階から、あいの風とやま鉄道とJR城端線、氷見線は入ります。

駅の目の前には、もの凄く古いビルがありました。
1Q5A7021.jpg
アドニスビルというそうです。
1961年竣工。
再開発で取り壊されると言われていたようですが、
未だに残っています。

近いうちに見納めとなるのでしょうか・・・。

駅前通りを疾走する万葉線。
1Q5A7028.jpg
デ7000形と言われる、加越能鉄道時代からの車両です。
1967年製造で、52年経っており、なかなか古い印象。

ある程度見終わり、富山へ戻りました。
1Q5A7033.jpg
富山からは、富山地方鉄道で宇奈月温泉を目指します。
富山地鉄のホームは、どこか懐かしい感じがします。
1Q5A7035.jpg

休日運行の特急(全席自由席)に乗りました。
1Q5A7039.jpg

上市では、スイッチバックとなり、進行方向が変わります。
横には東急のお下がり(元8590系)がいました。
1Q5A7046.jpg

宇奈月温泉到着。
1Q5A7052.jpg

1Q5A7054.jpg

折り返しまで、1時間。駅前に温泉があるため、そちらへ行きました。
湯めどころ宇奈月です。
1Q5A7057.jpg

1Q5A7061.jpg
近代的な建物でありながら、周りの雰囲気にあっています。

中は、温泉銭湯という感じでした。
熱いお湯(44℃)とぬるいお湯(42℃くらい)があり、露天風呂もありました。
泉質は良く、肌がすべすべになりました。

わずか1時間でしたが、楽しむことができました。

宇奈月温泉駅に戻ります。
1Q5A7062.jpg

帰りは普通列車に乗りました。
1Q5A7063.jpg
行きと同じ車両です。
1Q5A7066.jpg

乗ること1時間ほどの寺田駅で下車。
1Q5A7069.jpg

ここは、昭和の雰囲気が残る駅となっています。
1Q5A7072.jpg

駅舎は少しリニューアルしたようでした。
1Q5A7074.jpg

懐かしのホーロー看板があるベンチです。
1Q5A7079.jpg

撮影していると、立山行きの列車が到着。
初代レッドアローの車両でした。
1Q5A7082.jpg
1Q5A7084.jpg
普通列車で使われるとは豪華ですね。
乗りたかったなあ~。

その後も次の電車がくるまで撮影。
1Q5A7089.jpg

1Q5A7093.jpg

1Q5A7095.jpg

大和は、金沢発祥のデパートで、富山市内には1932年開店。
いつ頃からあるかは不明ですが、古そうです。
1Q5A7105.jpg

さて、富山の旅はこれまで。
電鉄富山行きの電車が到着。ずっと10030系でした。
1Q5A7112.jpg

電鉄富山に到着。
帰りの新幹線発車までにお店を周ります。
おみやげを買い、夕食用にわっぱめしを買いました。
新幹線に乗車。富山から帰る車内でわっぱめしを開けました。
DSC_0031.jpg

DSC_0032.jpg
豪華な海鮮。
この旅で全て食べましたが、やっぱり美味しい。

富山旅、学会を含め2泊3日でしたが、食を特に楽しんだと思います。
どれも美味しく、また行きたくなりました。
今回できなかったことも多いので・・・。

次は、万葉線を全て乗ること、立山黒部アルペンルートへ行って黒部ダムを見ること等をやっていきたいです。


ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



富山県内を旅する その1(城端&氷見)

Posted by hissan on   0  0

12月1日。
2019年最後の月となりました。
私は、昨日に続き富山にいます。
今回は、学会で発行された企画「CaMaaS」の一つで、富山県内鉄道・バス乗り放題電子チケットを使い、西は城端、東は宇奈月温泉まで行くことにしました。
Screenshot_20191201-145138.jpg

まずは、富山の西側へ行きます。
1Q5A6858.jpg

富山駅から、あいの風とやま鉄道線で高岡。
そして、城端線に乗り換え、城端に行きました。
1Q5A6888.jpg

1Q5A6891.jpg

折り返しまで約1時間。
とりあえず、街の中心部に向かって歩くことにしました。
歩いてて、真っ先に目に入ったのはこの看板。

1Q5A6893.jpg
これは、、、アカンやろ(笑)
エーコープのスーパーなのですが、なぜこの名前なのか?
意味は、「セーフティーフレッシュ」の意味という説があるようですが、この略はねぇ・・・。

そのスーパーの横を左に曲がり、歩いていくと、お寺がありました。
1Q5A6896.jpg
城端別院善徳寺です。
1Q5A6899.jpg

どういうお寺かというと、以下の通りです。
1Q5A6904.jpg
(画像が斜めですみません。左側にトラックが居ました。)

建物は木造で、細かい装飾が施されていました。
手を合わせ、去りました。
1Q5A6903.jpg

街をぶらぶら。
1Q5A6906.jpg

1Q5A6909.jpg

日曜の9時台ということもあり、お店はどこもやっていません。
ただ、歩いていくとやっている所もあり、そこでは、お菓子が売られていました。
1Q5A6912.jpg
「アップルパイ」は、私が好きな食べ物の一つです。
これは買わなきゃ。

お店に入ると、ケーキも売られていました。
アップルパイは、売り切れと書かれていて、ちょっとがっかり。
でも、奥から店員のお母さんが出てきて、
「今、アップルパイが焼きあがりましたよ~」とのこと。
あと、クロワッサンもあるといわれ、見てみました。
朝ごはんを7時過ぎに食べていたこともあり、小腹がすいた頃。
これは、両方買おう。

そうして、2つ買いました。
駅に戻ると、ちょうど1時間くらい経ったので、帰りの列車に乗車。
1Q5A6919.jpg

買ったアップルパイとクロワッサンを食べました。
1Q5A6927.jpg

1Q5A6929.jpg

1Q5A6930.jpg
バターの風味がよく、ちょうどよい甘さ。
美味しかったです。

次は、氷見を目指します。
1Q5A6931.jpg

高岡で城端線から氷見線に乗り換えました。
1Q5A6932.jpg

越中国分駅を過ぎると、富山湾が車窓に広がりました。
1Q5A6938.jpg

1Q5A6945.jpg

1Q5A6949.jpg
水が綺麗で、これであれば美味しい海産物が育つ環境だと思いました。
そこから10分ほどで氷見に到着。
1Q5A6955.jpg

駅舎の瓦にはブリがかたどられていたました。
1Q5A6956.jpg
氷見はブリで有名ですからね。

また、漫画家の藤子不二雄Ⓐの出身地でもあります。
消防団のシャッターには忍者ハットリくんの絵がありました。
1Q5A6957.jpg

氷見での滞在時間は1時間ほど。
昼食を食べるにはちょうどいい時間。
駅周辺には、それらしい建物がないため、少し港に向かって歩くことにしました。
入ったお店は、駅から約1㎞弱の「ひみ家」です。
1Q5A6959.jpg

氷見なので、ぶりと行きたいところでしたが、前日までに海産物を一通り食べていたので、別のものにしました。
もう一つの名物、氷見うどんです。
それと、白エビのかき揚げ丼とともに。
DSC_0029.jpg

柔いうどん、サクサクしたかき揚げ。
美味しかったです。
ただし、このお店、営業が今年限りのようです。
私にとっては、最初で最後の訪問となりそうでした。

氷見駅に向かう途中、富山湾を眺めると、後ろには立山連峰が広がっていました。
富山ならではの景色ですね。
1Q5A6964.jpg

氷見駅に戻り列車に乗車。
高岡へ折り返します。
1Q5A6979.jpg

万葉線にも乗りたかったので、途中の能町駅で下車しました。
1Q5A6986.jpg

1Q5A6992.jpg

続く・・・。

ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村

富山出張へ

Posted by hissan on   0  0

11月30日。私は、学会の発表で富山に来ました、
富山は、車で行ったことがありましたが、会場の富山市内を満喫することは今までほとんどありませんでした。
今回は、発表の日とその次の日に訪れた場所について、紹介します。

会場となった富山大学。
DSC_0018.jpg

発表は夕方だったので、それまでは様々なセッションの聴講を行いました。
昼休み、学食が開いていたので、久しぶりに学食でご飯を食べました。

ガンボライスとサラダ(519円)
DSC_0019.jpg

値段はさすが学食。
味は、それなりかなと思いました。
ガンボって、もともとアメリカのルイジアナ州が起源らしいです。
なぜ富山大学にあるかというと、(以下、富山大学生協HPより抜粋)

学生がヘルン文庫の歴史を学ぶきっかけとなることをねらいとして、ヘルン文庫を研究するマリ・クリスティーヌ富山大学客員特別研究員が「ヘルン文庫にちなんだ料理を学食で提供してはどうか」と提案し、富山大学生協が同書のレシピを基に再現しました。
魚介類、鶏肉、オクラなどの野菜を煮込んで数種類の香辛料で味付けしたスープ料理で、ご飯にかけて食べます。

こういった理由で、メニューになったようです。

その後も、学会の聴講を行い、自分のセッションに。
発表の出来は、時間がないなか、背景説明に時間をかけてしまったところがあり、イマイチでした。。。
発表者、みんな時間がなさそうにしていたので、それはしょうがないかなと。

学会終了後、路面電車で富山駅に戻りました。
DSC_0022.jpg

ご褒美に寿司としました。
なんでもおいしくて、特に白えびとズワイガニは最高でした。
DSC_0023.jpg

DSC_0025.jpg
あと、氷見はブリで有名ですが、アジもあったので、頼んでみました。
これまた美味しい。

とにかく、何頼んでも美味しかったです。
値段は10皿で6000円とちょっと高かったのですが、それなりの満足度が得られました。

明日は、MaaSチケットを使い、富山県内の旅に出ます。

続く・・・。


ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。