ネイティブ・モリオカン

学生時代まで過ごした盛岡と今住んでいる埼玉・東京の記録です。

10月3日の錦秋湖

Posted by hissan on   2  0

北上まで来たところで、すぐに帰るのはもったいない。
そう思い、車を西に走らせ、紅葉が見ごろになっていないか確かめてきました。

車を走らせること30分少し。錦秋湖に着きました。
しかし、紅葉はまだまだ始まっていませんでした。

それより驚いたのは、ダム湖であるにも関わらずこの水量の少なさ!
IMG_8304 (640x427)

IMG_8315 (640x427)

異常なほどまでの低さ。原因はこれでした。
IMG_8311 (427x640)
ダム施設の点検のためだそうです。納得。

この水位低下で見えてきたのは北上線の旧線や旧107号です。
IMG_8318 (640x427)
奥に見えるのが、「大荒沢ロックシェード」だそうです。
山が迫っていて、このロックシェードの役割は大きかったものと思われます。

ちなみに当時の路線名は「横黒(おうこく)線」でした。地名の手と澤尻の頭文字を取ったものでした。
路線名制定後の1954年、黒沢尻町と周辺6村が合併し、北上市となりました。
同じ年に「黒澤尻駅」が「北上駅」に改称されました。
この改称から12年後の1966年、「横黒線」は「北上線」に改称されました。

今年の紅葉と錦秋湖の写真は、ダムに沈んだ構造物と撮ることができる滅多にない年となりそうです。
IMG_8313 (640x427)

錦秋湖まできた私。どうせなら横手まで行ってみよう。
旅はまだつづきます。



ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

バスに乗って湯本温泉へ

Posted by hissan on   0  0

後輩に誘われ、今日は西和賀町の湯本温泉まで行ってきました。
双方とも車の免許を持っているのですが、より旅情を味わうためにバスを使いました。
IMG_5387 (640x427)
9:55 盛岡バスセンター 発
↓(山伏線)
11:58 湯本温泉 着
IMG_5395 (640x427)
私にとって初の湯本温泉。しかし、折り返しのバスは13:27発で最終便。
わずか1時間半。あまりゆっくりしていられませんでした。
何があるのか散策しました。
IMG_5394 (640x525)

案内図を見ると、湯本温泉はコンパクトにまとまった温泉街です。
和賀川の左岸と山に囲まれたところに位置しています。
IMG_5396 (640x520)

和賀川を橋から見下ろします。透明度が高く、良い自然風景でした。
IMG_5404 (427x640)

温泉街に戻ります。
IMG_5405 (640x427)
途中、山道を発見しました。
時間がまだありそうだったので、登ってみました。

すると、神社の参道にたどり着きました。
IMG_5409 (640x427)
参道は雑草やコケが生えていて、管理はあまりされていないように感じました。

真ん中にたんぽぽが生えていたので、撮影しました。
IMG_5410 (427x640)

階段を上がると、本殿に到着。こちらは管理がされているように感じました。
IMG_5414 (640x427)
旅の安全を祈願し、神社をあとにしようとしたとき、別な道を発見!
そちらを通って帰ります。

自然に帰りつつある道を進むと・・・
IMG_5418 (427x640)

正岡子規の歌碑がありました。
IMG_5420 (427x640)
(!??? 「山」の字、おかしくねえか?)

「山の湯や 裸の上の 天の河」 正岡子規
「夏蔭の この道を斯く 行きたらん」 高浜虚子
と書かれています。(調べました)

明治26年に正岡子規が湯本温泉に泊まりにきました。町のいたる所に正岡子規の詠んだ句がありました。

また、ため池が近くにあり、鯉が生息していました。
IMG_5422 (640x427)

いよいよ温泉に入ります。
残り時間は40分。入浴するには微妙な時間だったので、あきらめて足湯にしました。
場所は「ホテル対滝閣」近くのところです。

昔、対滝閣のCM流れていましたね。
「湯田町、湯の町ふるさとの~、春夏秋冬香る宿、たい~りゅう~かく~」
IMG_5435 (640x427)

IMG_5436 (640x427)
入ってみると、結構熱かったです(おそらく43度くらい)。冬にちょうど良くなる温度かなと思いました。
しかし、慣れてくると長く入れるもので、5分くらい浸かっていました。

この足湯の近くからも和賀川が見えます。ここからは滝も見ることができました。
IMG_5428 (427x640)

温泉名物といえば、温泉まんじゅう。
湯本温泉にもありました。
IMG_5425 (427x640)

おススメを聞くと、最近は「わらびまんじゅう」や「わらびプリン」が人気なんだとか。
しかし、昔から人気があるのはこの「およねまんじゅう」
IMG_5439 (640x427)
平たく潰されたつぶあんの周りに薄皮の饅頭。
あんは甘めでおいしかったです。
IMG_5440 (640x427)

平日の昼ということもあり、人があまり歩いていませんでした。
営業している宿もホテル対滝閣と旅館2,3件くらい。少し寂れた感が漂っていました。

しかし、結構人が集まっているところがありました。県南を中心に展開している「スーパーオセン」です。
IMG_5442 (640x427)
全国ネットの番組で、激安店として紹介された会社です。
中に入っていろいろ見ると、確かに安い!
盛岡よりも安いものも数々ありました。値段を出すのは控えます・・・。

さて、バスの時間が来てしまいました。帰りは湯本下町から乗車しました。
IMG_5448 (640x427)
13:26 湯本下町 発
↓山伏線
15:30 盛岡バスセンター 着

道のりは68kmあったのですが、運賃は1000円と安い!
IMG_5449 (640x225)
バスの車内放送がかかりましたが、山伏線は、国と県から補助金が出て運行されているとのことです。
だから運賃は1000円なんですね。
ただ、一定の利用客がいないと廃止になるのだとか。

ダイヤは西和賀町民が朝に盛岡に出てきて帰るようなものなので、
盛岡からだと今日行った時間しかありませんでした。

県内には温泉がわいているところがまだまだたくさんあります。
今度は別な温泉にも行ってみたいと思います。


ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。