ネイティブ・モリオカン

学生時代まで過ごした盛岡と今住んでいる東京の記録です。

仙人峠の紅葉

Posted by hissan on   0  0

昨日、紅葉を見に仙人峠に行ってきました。
IMG_6803 (640x427)
見ごろはちょっと過ぎていて、落ち葉が多かったです。
それから15時頃に撮影したので、太陽が山に隠れてしまい、光の入り方が良くなかったなーという印象です。
仙人峠を見るなら10時~13時くらいがいいかもしれません。

IMG_6893 (427x640)

IMG_6901 (640x427)

IMG_6907 (640x427)

IMG_6896 (427x640)
11月に入り、紅葉は市街地で見られるようになっています。

【おまけ】
撮影は仙人峠を通って釜石の市街地に行き、折り返して行いました。
走行している時、偶然にも釜石と北九州を題材にしたラジオドラマ「鉄の河童」が流れてきました。
途中SL銀河の撮影のため車内を離れてしまい聞けていませんでした。
そこでストーリーが気になりホームページを調べた所、ラジオドラマがWEB上でも聞けるとのことでした。
私は聞き直したのですが、感動しました。

興味ある方はFM福岡のページから聞いてみてください。ページの下の方にあります。
鉄の河童 (FM FUKUOKA/エフエム福岡)


ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

釜石大観音

Posted by hissan on   0  0

釜石には中心部から少し離れたところに釜石大観音があります。
私はまだ行ったことがなかったので、今回初めて行ってみました。

駐車場を入る際、門があります。腐食が始まっている部分も。
IMG_6247 (640x427)

駐車場に車を停め、仲見世の方へ行くと飲食店が2件開いていました。
それらをかわし、後ろを振り返ると
IMG_6251 (640x427)
閉店した数多くの店がありました。大観音が落慶された1970年の頃は賑わっていたのでしょう。

拝観料を払い、エスカレーターを上ります。
IMG_6256 (427x640)

すると、お地蔵さんがありました。
IMG_6286 (427x640)
こちらは「水子の楽苑」といい、悲しむ水子を楽苑の子として供養するところだそうです。
なお、水子は「生きるべき命」を断たれた悲しみの怨念ということです。

後にし、階段を十数段上がります。平日ということもあって、観光客はここまで見ていませんでした。
階段を上がったところには見晴らしのいい場所につきます。ここに売店やレストランもありました。
ここで観光客を十人ほど見ました。
IMG_6280 (640x427)

IMG_6261 (1024x683)

横には「仏舎利塔」があります。
IMG_6263 (640x427)
約2,600年前になくなったお釈迦様の遺骨が祀られているとのことです。

そのとなりにあるのが、高さ48.5mの大観音です。
IMG_6262 (427x640)
観音様の腕のところまで行けるとのことで、登ってみました。

130段の階段を上がると、目の前には釜石湾が広がっていました!
IMG_6273 (1024x683)
この景色を見ると、三陸は良い景観を持っているな~とつくづく思います。

お盆を過ぎ、落ち着いた時期ということもあって観光客はほとんどいませんでした。
寂れている感はありますが、見晴らしの良い所へ行くと気分が良くなります。
三陸でこの位置で海を見られる所は限られているので、まだ行ったことない人は行ってみてはと思います。


ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

釜石の中心部を散策

Posted by hissan on   0  0

釜石にもある!自販機ハンバーガーの続きです。

釜石には気になるものが他にもありました。それが、イオンタウン釜石です。
IMG_6222 (640x427)
震災からの復興として釜石市がイオンを中心部に誘致しました。
中には50の専門店があるということでした。

店内はファッションやグッズの品ぞろえが豊富で、岩手県沿岸地区の他の都市にはない充実したものでした。
この日は感謝デーだったので、駐車場はある程度埋まっていましたが、人はそんなに多くないかなと思いました。

イオンから少し歩くと、背の高い建物があります。
釜石市保健福祉センターです。
IMG_6228 (427x640)
地上10階の建物で、竣工当時は「釜石市民病院」と呼ばれていました。
しかし人口が減り毎年4~5億円の赤字を出すことになり、平成19年には規模を縮小したそうです。
釜石市は可住面積が少ないにも関わらず、ピーク時の人口が今の2倍以上だったことから、高層建築物が沿岸の他の都市よりも見受けられます。

最後は大町商店街。
IMG_6225 (640x427)
歩道のアーケードがなくなり、津波の影響もあり、建物の建て替えが進んでいます。
震災直前と比べるとやはり寂しさがあります。

交通の要衝となる釜石。
今後どのような街に変わるのか、見ていきたいと思います。



ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

釜石にもある!自販機ハンバーガー

Posted by hissan on   1  0

レトロ自販機を探すことがマイブームとなっている私。
先日、昭和スポット研究所さんのサイトから、自販機ハンバーガーを釜石でも楽しめるという情報を見ました。

「気になる所を発見したら即行動!」 これが私の性格・・・・(汗)
昨日、釜石に行ってきました。

自販機バーガーがあるのは釜石中心部の928(くにや)ビルです。

IMG_6229 (640x427)
自販機が置いてあるのは釜石市保健福祉センター側(裏側)の道路ですので、お間違いなく。
IMG_6232 (427x640)
悪羅悪羅(オラオラ)系の服が売っているそうで、若干入りづらいかなとも思いましたが、店舗は2階でした。
それにしても、ずいぶん静かだなと思ったら、私が行った水曜は定休日でした。

それでは買ってみます!
200円を投入し、待つこと60秒・・・
出てきたのは、このチーズバーガー
IMG_6235 (640x427)
箱は秋田のものとは違います。
製造元を見ると、群馬のマルイケ食品のものでした。なかなか食べられない貴重なものだそうです。

ここでは食べずに車の中で食べることにしました。
箱を開けると、
IMG_6239 (640x427)
自販機で温めて出ていった水分が原因で蒸れてしまい、クシャっとなってしまいました。
IMG_6240 (640x427)
食べてみると、肉汁あふれるジューシーなパティーにマスタードのパンチが効いています。
しかし、それを和らげるチーズやケチャップがあり、相性は抜群。
バンズは湿気のせいか、しっとりしていました。とても美味しかったです!

この自販機、もう一か所釜石にあります。
平田地区の郵便局を過ぎた928アパート近くのコインランドリー090です。


IMG_6244 (640x427)
こちらも定休日。
自販機は一番左以外は売り切れでした。
確実に買えるのは中心部の方かもしれません。

釜石をこれだけで終わらせるのはもったいない。
この後、イオンタウン釜石や釜石大観音、さらには大船渡に行くことにしました。

つづく・・・




ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

釜石「魚のまち」懇談会

Posted by hissan on   0  0

28日、釜石市役所で「魚のまち」懇談会が行われ、傍聴して参りました。
岩手日報の記事→水産復興へ活発意見 沿岸2市、活路探る

当初は3月21日に行われる予定でしたが、開催日に大雪が降り、延期となっていました。
会場には漁業関係者が60人ほど集まりました。
DSC_0265 (640x480)

最初は釜石市の水産業復興拠点の整備に関して釜石市と(株)漁村計画の富田宏さんから話題提供がありました。
その後休憩を挟み、地元の漁業関係者の方々と学者を交えての自由討論となりました。

出ていた話題としては、
・取引額(セリ)と漁獲量で宮古や大船渡に劣り、わざわざ釜石から運ばれてしまう。
 →買い受け企業を誘致することで、二つの問題を解決する。
・漁協女性部員数が震災後激減
・震災後の生活をやっていくので手一杯で「魚のまち」をどうしようとまで考えがいかない。
・「魚のまち」と言いながら、取り扱っているレストランや市場が少ない。
 →魚市場近くに魚を使ったレストランを作る。
・観光客がセリをし、セリ落としたものをレストランで食べられるようにする。
・駅からの観光コースの提案。
・PRが不足している。
 →釜石ブランドや名物を作る。
・日本で魚の需要は減少しているが、海外での需要が伸びている。
・採れた水産物を売るだけでは人が来ない。すぐ食べられるように高次的な加工をすべき。
・かつての取扱い金額を取り戻すのは困難である。釜石の精神を次世代に受け継ぐことが重要。
・観光・水産業をALL釜石で取り組んでいく。

以下、会議での質問事項や自由討論で出た話題をまとめたものを撮影しました。(KJ法、詳しくは右クリックで保存して見てください)
IMG_5471 (2048x1365)

IMG_5473 (2048x1365)

震災後はじめて、釜石中心部を歩きましたが、商店街の復活はまだまだと思いました。
かつてアーケードがあった通りは地元のお店が多かったのですが、力のある全国チェーンのお店が出店し始めています。
今年にはイオンもできました。

将来は内陸からの唯一の高速である釜石道と三陸道のジャンクションが釜石にでき、交通の要衝となります。
人が来るチャンスである一方、沿岸各都市とも所要時間が短縮されるので、ますます宮古や大船渡へ集約されるかもしれません。
釜石らしさとはなにか。今から考え、すぐ行動に移す必要があると感じました。

この会議ですが、若い人はそんなにいませんでした。
そちらにアナウンスがなかったのかもしれませんが、地元の高校生の意見も聞いてみたいと思いました。
高校生へのヒアリング調査がなされているとは思いますが、これからの主役となる世代もこういう会議には必要かなと思います。

帰りは列車で。
ホームにはSL銀河の客車が停まっていました。
IMG_5476 (640x427)
しかし、機関車の方は車庫へ入っていて、見ることができませんでした。

SLも釜石へ人を集める材料となっています。
これに乗ってくる観光客をすぐ帰らせない工夫が今後必要かと思います。

いつかは乗りたいと思い、帰途につきました。
IMG_5477 (640x427)


ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。