ネイティブ・モリオカン

学生時代まで過ごした盛岡と今住んでいる東京の記録です。

最近の盛岡の夕焼け

Posted by hissan on   0  0

旅行に行って、しばらく盛岡市内の写真を撮影していませんでした。
盛岡の写真は身近であるからこそ、日々を追っかけられる写真もあり、そこからいい作品ができることもしばしば。

今回は定番の撮影スポットです。
IMG_0825 (640x427)
高松の池。普段は近所の人や高校生のランニングコースであり、春は桜の名所として賑わいます。
夕焼けの空が美しく、撮影しました。

それにしても、秋が深まるに連れて夕焼けも美しくなってきました。
通学している途中の明治橋で、カメラを取り出して撮影する人がたまにいます。

皆、画質の良い携帯カメラは常に持っていると思うので、それを撮影し、twitterなどでつぶやく人もいるのでしょうね。

一方で、盛南地区の動き。
今月、整備されていた遊歩道が供用開始しました。
IMG_0828 (427x640)
農弁道の跡地などが挙げられます。
今年度もあと半年。来年3月の盛南地区都市整備の工事完了に向けて着々と進んでいます。




ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

しばらく、旅特集します。

Posted by hissan on   0  0

お知らせします!

先週行ってきた「北海道の旅+α」は一眼レフカメラを持ち歩き、気がつけば1800回シャッターを切っていました。
その数多くは駄作ですが、
IMG_9000 (640x427)

自分が気になったことを中心にまとめようと思います。
記憶はどんどん薄れていくと思うので自分の記録にするために書こうと思います。

できれば25日30日までに全て投稿しようと思います。

日付は旅した日に合わせているので、見たい人は下から覗いてください。
記事が出来次第追加していきます。

【北海道】
タグ:旅日記in北海道
個別記事:
 1日目→廃線となる木古内~江差間函館
 2日目→日本最長鈍行列車に乗って
 3日目→網走から増毛へ
 4日目→日本最北端への旅日本最北端の地、宗谷岬
 5日目→富良野・美瑛の旅小樽
 6日目→函館本線の山区間(SLも)札幌を歩く
 7日め→弘前の弘南鉄道へ
 (8日目は休養日)
【+α】
個別記事:
 9日目→気仙沼線のBRT良い雰囲気とともに、ソースカツ丼
 10日目→秋田市内を散策

なお今後ですが、学生という立場上、研究をし論文を書かないといけません。
更新頻度が減ると思いますし、一眼レフを持ち出す回数も減ると思います。
ブログに広告が出ないよう、最低でも月1度は更新しようと思います。
すみませんがよろしくお願いしますm(__)m


ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

秋田市内を散策

Posted by hissan on   0  0

北海道でも目にした、秋田デスティネーションキャンペーンのチラシ。
10月~12月まで行われるそうです。
この機会だから、列車で行ってみよう!

というわけで、田沢湖線の始発に乗って秋田を目指します。
途中、田沢湖からは通学の高校生に混じり、電車に乗っていました。
高校生は大曲で大半が下車しました。

その後、秋田行の快速列車に乗りました。

そして、秋田に到着。
1997年の秋田新幹線開業時に建て替えたこともあって、新しいです。
IMG_0820 (640x427)

盛岡が古いだけに新鮮に感じました。

駅東口へと進むと、
IMG_0779 (640x427)
フォンテ秋田や西武といった商業エリアに出ます。

散策する前に、駅のうどん屋で朝食をとり栄養補給。
そして、観光案内所へ進むと、レンタサイクルの文字。
しかも、秋田市内在住でない人は無料で貸してくれることもあり、お得!!

その自転車を使い、千秋公園の周りをサイクリング。
IMG_0796 (640x427)

IMG_0814 (640x427)

IMG_0815 (640x427)
城跡の公園ということもあり、景観がいいですね。


次に訪れたのは「秋田市立赤れんが郷土館」
IMG_0801 (640x427)
旧秋田銀行の本店として使われていた建物で、現在は伝統工芸品が展示されている施設となっています。

次はその近くの川反周辺を見ていきます。

古くは芸者街として親しまれたこの周辺。
現在は一地方都市の繁華街として、夜は賑わうそうです。
IMG_0803 (427x640)

平日の昼はご覧のように閑散としていました。
IMG_0804 (640x427)

通りの横には川が流れています。建物は川沿いにまで迫っていました。
IMG_0805 (640x427)
独特な景観を形成しています。

もう少しじっくり歩いて見たいところでしたが、電車の時間が迫り、帰ることに。

秋田デスティネーションキャンペーンが10月から始まります。
この機会に秋田の魅力を再発見する旅に出かけてみては??



以上で旅特集は終了です。長い間ありがとうございました!!




ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

良い雰囲気とともに、ソースカツ丼

Posted by hissan on   0  0

岩手県民ですが、一関の町並みをまともに見たことがなく、今回フリーパスを使って一ノ関駅に行きました。
IMG_0740 (640x427)

駅から周辺の街並みを見つつ、食事するところを探していました。
IMG_0746 (640x427)

そこで出会ったのは駅前にお店を構える「松竹」です。
IMG_0745 (640x427)

内装は良い雰囲気が出ています。味が出ていて落ち着く空間でした。
IMG_0744 (640x427)

ここの人気はカツ丼。私も食べたくなり注文しました。
出てきたのは「ソースカツ丼」です。卵とじではありません(もちろん知っていて注文しました)。
IMG_0743 (640x427)

カツは衣や肉は薄めで3枚のっていました。カツの下にはキャベツが敷かれていました。
味はさっぱりとしてました。パン粉が細かいため、油をそこまで感じません。

気さくな女将さんがこのお店を切り盛りしていました。
自分のことを気にかけてくださって、話しやすい雰囲気を持った人でした。
訪れた際には女将さんと話すのも面白いと思います。


ランキング用バナーです。東北食べ歩きの情報をもっと知りたい方、
このブログはイイネ!と思ってくれた方、ポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ



松竹

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:かつ丼・かつ重 | 一ノ関駅

気仙沼線のBRT

Posted by hissan on   2  0

切符の余った有効期間でどこをめぐるか。
アルバイトやお金のこともあり、必ず家に戻るスケジュールを組まなければならず、検討した結果、

気になっていたBRTでも見に行くか。そして、次の日は秋田にでも行ってみよう。

というわけで、始発で一ノ関に行き、乗り換えて気仙沼に行きました。
IMG_0650 (640x427)

バス停は方面別に分かれていました。
IMG_0654 (640x427)

私は柳津方面へ乗車します。
IMG_0659 (640x427)

8:55気仙沼を発車。
IMG_0660 (640x427)
まあまあ乗客はいました。
でも、列車の時よりは少ないのでしょうか。バスで空席がありますので。

震災前は気仙沼から小牛田まで直通する列車が多かったのですが、
系統が変わり、小牛田まで行くのには柳津と前谷地で2回乗り換えなければならない場合が多いです。

乗車していて思ったことは、やはりあくまでも「路線バス」であることです。
乗り心地は舗装や線形の影響を受けます。車両は新しいので、問題はないとおもいます。
あと、速度は上げても60km/hほどでしょうか。どうしても鉄道よりは遅くなってしまいます。

一方で、このような景色を見られることは利点ですね
IMG_0666 (640x427)

また、専用道区間は、自家用車に邪魔されずスムーズに走ることができます。
鉄道トンネルを転用してバスが通っているところもいいですね。
IMG_0677 (640x427)

こちらは本吉駅です。
IMG_0673 (640x427)
駅舎が少し改造されて、BRT待合室となっていました。

そして、最後は新たな専用道区間。
IMG_0685 (640x427)
9月5日から供用されました。
私が乗ったのはベイサイドアリーナ経由でしたので、ここは通過しませんでした。

そして、10:54柳津着。
IMG_0704 (640x427)
周辺は住宅が少しあるくらいで、町に行くにはもう少し距離があるようです。

乗り継ぐまで微妙な時間だったので、周辺を散歩して列車に乗ることとしました。




ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

弘前の弘南鉄道へ

Posted by hissan on   0  0

台風が来ていることはわかっていたのですが、本州の列車は通常通り運行されていたので計画続行。

6:00青森発→6:46弘前着

弘前では弘南鉄道の大鰐線を乗ろうと思っていました。
そこで、中央弘前駅まで歩くことにしました。

市街地を歩くこと15分。
IMG_0569 (640x427)
駅は突然現れました。
こんなところに!?というのが第一印象でした。
青看板にのっておらず、市が整備した看板を頼りにここまで来ました。

中に入って切符を大鰐まで買いました。
IMG_0571 (640x427)

駅構内は懐かしい雰囲気。
IMG_0570 (640x427)
天気もあって、暗さが際立ちます。

乗客は私達以外に2人と少なかったです。祝日ということもあるのでしょう。
IMG_0574 (640x427)

8:30中央弘前発→9:00大鰐着

つり革はりんごをイメージしていて、かわいらしいですね。
IMG_0592 (640x427)

大鰐駅に到着。メインは南口らしいですが、北口に行きました。
IMG_0606 (640x427)
車庫のような建物でした。

北口周辺には特にお店はなく、火災が起きて焦げていた建物がありました。

程なくして、中央弘前に戻ります。

8:50大鰐発→9:20中央弘前着

そこから今度は別ルートで弘前駅へ。
駅に通じる遊歩道を発見し、歩きました。
IMG_0619 (640x427)

朝であることもあり、人はあまり歩いていませんでした。
祭りになると、ここも賑わうのでしょうか。

いろいろ思いつつ、弘前駅に戻りました。


当初の計画では、ここから五能線を周り、花輪線で盛岡に帰る予定でしたが、
天候が悪化し、天候に左右されやすい路線は諦めることに。

すると、10時前に花輪線と五能線の運休の情報が。
青森に戻るか、このまま高速バスに乗るか。

選んだ選択肢は、高速バスに乗ることでした・・・
2千円のロス。朝に青森から太平洋まわりで帰ればよかったな~と思いましたが、仕方がない!

そして、乗車しました。
「ヨーデル号」弘前11:55発→盛岡14:10着。

高速バスに乗る選択。まだ、マシな方でした。
バスに乗車してから調べると、鉄道がマヒ。青森に引き返していれば更なる足止めをされるところでした。


北海道の旅、最後は高速バスで THE END




※私は前述の切符紛失のことがあり、有効期限があと3日残っていました。というわけで、旅をまだ続けます・・・



ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

札幌を歩く

Posted by hissan on   0  0

SLニセコ号をあとにした我々は、札幌見物をします。

まずは札幌駅。
IMG_0475 (640x427)
思っていたよりもかなり大きかったです!
地上9階建ての駅ビルと地上38階建てのJRタワーが都心らしさをだしています。

それでは、名勝をめぐります。
最初は札幌時計台。
IMG_0498 (427x640)
以外に小さいという印象でした。周辺をビルに囲まれているせいでしょうか。
それでも記念撮影する人が多かったです。

次は北海道庁旧本庁舎です。
IMG_0482 (640x427)
こちらは大きさに圧巻です。
北海道の赤レンガというと、こちらのことみたいですね。

それから大通公園です。
IMG_0504 (427x640)
さっぽろテレビ塔を撮影して終わりました・・・

なにせ、札幌の滞在時間はわずか3時間。
いろいろやることがありました。

そして、札幌駅ビル10階のエスタにある札幌ら~めん共和国にて、ラーメンを食べました。

入ったお店は「空」
バターコーンラーメンをおいしくいただきました。
IMG_0512 (640x427)

残ったちょっとの時間は駅近くのヨドバシカメラで物色していました。

そして、帰りの時間。
今度は「急行はまなす」のB寝台車です。
IMG_0524 (640x427)
北海道周遊の旅はこれにて終了。
今回は広く浅くだっただけに、次回は2,3ヶ所を深く見たいと思いました。


22:00札幌発→5:39青森着


ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

函館本線の山区間

Posted by hissan on   0  0

旅は6日目。台風の行方が心配になる中、函館本線の小樽~長万部間に乗ります。

朝食は小樽駅にある、バーガーキングで。
IMG_0316 (640x427)
BLTクロワッサンサンドです。クロワッサンの風味が良かったのですが、自分には量が足りなかったです。

さて、今日は小樽~長万部間を乗ります。
札幌から函館へは苫小牧、東室蘭を経由する「海線」とこちらの「山線」とがありますが、
優等列車と貨物列車は「海線」を通ります。
「山線」はローカル輸送です。

小樽 8:07発→長万部 11:13着

途中は山林です。
IMG_0337 (640x427)
緑の中を駆け抜けます。

列車移動している最中、時刻表をみると、「SLニセコ号」の表記が。
乗るか相談した結果、倶知安で待ってから乗車することにしました。

長万部に到着。
IMG_0335 (640x427)

ところが、千歳線の落雷による送電トラブルや、函館本線は大雨の影響でダイヤは乱れていました。
IMG_0336 (640x427)
一方で通称「山線」は通常通りの運行。SLは運行されているということもあり、指定席券を購入しました。

長万部 12:10発→倶知安 13:41着

ホームを降りると、SLがいました!
IMG_0355 (640x427)
札幌行はニセコが始発のため、このあとニセコまで回送されるところでした。

倶知安にSLが戻ってくるのは15:59。それまで2時間ほど時間を潰します。

倶知安駅の外観です。
IMG_0361 (640x427)
将来は盛岡から新幹線でここへ来られるようになります。
ただ、予定では22年後ですが。

駅近くには「コープさっぽろ倶知安店」が。
ここに入ると、スーパー以外にも書店や服が売っており、ショッピングセンターのようでした。
日曜ということもあり、混んでいました。

ここで、ニセコのチーズを購入。
IMG_0364 (427x640)
味はあまりしょっぱくないですが、ミルク感があり、美味しくいただきました。

話をしたり、周辺を物色して暇をつぶし、ようやく・・・
IMG_0381 (427x640)
SLの登場!
転車台がないため、逆向きでの運行です。

倶知安 16:18→札幌 18:59着

客車はというと、
IMG_0441 (640x427)
レトロ調のいい雰囲気です!

乗務員さんの格好もレトロで素敵です!!
IMG_0413 (427x640)

この乗務員さんがいるのは2号車のカフェカーです。
様々なグッズが売っていました。
IMG_0410 (640x427)
この中にSLニセコ号特製の懐中時計があり、デザインも素晴らしいものでした。
値段(3000円)にその時手が出なかったのが残念でした・・・
今、ちょっと後悔しています。

さて、SLの旅は石炭の匂いを感じつつ、終点札幌へと進みました。
IMG_0418 (640x427)
SLニセコ号は11月4日まで、土・休日に札幌~蘭越間で運転されています。



ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

小樽

Posted by hissan on   0  0

富良野・美瑛をあとにし、小樽までやってきました。
小樽の到着ホームは・・・
IMG_0251 (640x427)
4番線、裕次郎ホームでした!
IMG_0252 (640x427)
かつてドラマ撮影で、このホームに石原裕次郎が降りたのが理由です。
奥に裕次郎のパネルがありました。

駅からレトロな感じ。街の雰囲気は駅から始まっていました。

駅近くのホテルにチェックインをし、荷物を置いて外を散歩します。
それでは、小樽運河まで中央通を歩いていきます。

途中には突然レールが出てきます。
IMG_0280 (640x427)
これは国鉄手宮線の跡地だということです。
北海道最初の鉄道として1880年に手宮-札幌-幌内間開業。
その後は手宮-南小樽間が残り、貨物船として機能していましたが、1985年廃線となりました。
レールがそのまま残っているなんて珍しいですね。

それから、花ごころ小樽店
IMG_0282 (640x427)
居酒屋なんですが、建物は旧安田銀行小樽支店として使われていたもので、外観は居酒屋とは思えません。

そして、有名な・・・
IMG_0289 (640x427)
小樽運河に到着です!良い景観ですね~
街全体でいい景観づくりがなされていて、素晴らしい街でした。

小樽市は人口約13万人。最盛期と比べると人口が減少しており、近年では過疎地域に指定されました。
札幌への一極集中がすすんでいるのでしょうか。

ホテルに戻ると、夜鳴きそばのサービスが!
IMG_0311 (640x427)
疲れた体を癒してくれました。

予約した時に部屋が空いていなかったため、カプセルルームに泊まりました。
IMG_0313 (640x427)

次回は函館本線の山区間、そして札幌へ行きます。


ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

富良野市内のお寿司屋さん

Posted by hissan on   0  0

北海道の富良野・美瑛の旅の途中。
腹ごしらえで富良野市内を歩いていました。

しかし、さすが土曜日。お店があまりやっていませんでした。

ぶらぶら歩いていると、見えてきたのはお寿司屋さん。
「春ちゃん寿司」です。
IMG_0133 (640x427)

ここに入り、寿司セットを注文しました。
IMG_0128 (640x427)
ネタはマグロ、イカ、サーモン、エビ、しめさば。

正直な感想、普通の無難な味で美味しかったです。
内陸ですし、寿司は普通のレベルかと思います。
しかし、ボリュームはありました!

もっと独特な「チーズちらし寿司」を頼めばよかったかなと思いました。

一方、後輩が頼んだラーメンは魚介の出汁の香りがよく、スープをもらいました。
とても美味しいかった!!
独特な出汁の風味と味は他では真似できない味だと思いました!




ランキング用バナーです。よろしければクリックお願いします!

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 グルメブログへ


春ちゃん寿司

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:寿司 | 富良野駅


富良野・美瑛の旅

Posted by hissan on   0  0

旅は5日目。
この日は遅めのスタートでした。
目指すは富良野・美瑛。今回は指定席を予約していたトロッコ列車に乗車しました。

旭川9:55発→富良野11:40着
IMG_0042 (640x427)

機関車はDE15です。
IMG_0044 (640x427)
実は進行方向の後ろ向きについていて、客車に運転台があり、機関車が客車を押すように運転されていました。

車内に入ると、なんとも良い雰囲気です。
IMG_0043 (640x427)

客車のレトロな雰囲気を残しつつ、より旅情を感じさせるものでした。
また、売店があり、わたしはオリジナルタオルハンカチとキーホルダーを買いました。

車窓は田園風景です。
IMG_0053 (640x427)
昨日といい、上川盆地の中を走る線路は田園風景風景が広がり、いいですね~

一度、美瑛を通り過ぎ、富良野まで行きました。

ここで、腹ごしらえ。
しかし、さすが土曜日。お店があまりやっていませんでした。

ぶらぶら歩いていると、見えてきたのはお寿司屋さん。
IMG_0133 (640x427)

ここに入り、寿司セットを注文しました。
IMG_0128 (640x427)
正直な感想、普通の無難な味でした。
内陸ですし、寿司は普通のレベルかと思います。
もっと独特な「チーズちらし寿司」を頼めばよかったかなと思いました。

一方、後輩が頼んだラーメンは魚介の出汁の香りがよく、スープをもらいました。
とても美味しいかった!!
独特な出汁の風味と味は他では真似できない味だと思いました!

列車が出発する前、富良野市街地を見て回りました。
IMG_0135 (640x427)

IMG_0136 (640x427)
人口は2万4千人程度の地方都市。典型的な感じといえるでしょう。

富良野13:12発→美瑛13:49着

今度は美瑛に舞台を移します。
IMG_0163 (640x427)

駅前で自転車をレンタルし、サイクリングしました。

パノラマロードを選び、走りました。
しかし、いい景色が見えるまで長くてゆるい上り坂が続きました。
しかも、天候がかわり、急に雨が降り出しました。
途中の木工作品が置いてあるお店に避難させてもらいました。

10分ほど雨宿りすると、雨が止み、出発できるようになりました。

そして、進むと素晴らしい景色の数々!
IMG_0184 (640x427)

IMG_0197 (640x427)

IMG_0208 (640x427)
今までの疲れが吹き飛びました。

結局、千代田の丘まで行き、往復14kmのサイクリングとなりました。

ご褒美に美瑛駅近くの売店でカットメロンを食べました。
IMG_0232 (640x427)
300円のこのメロン。程よい甘さで美味しかったです!

さて、これにて今日のメインは終了。宿は小樽なので、そこまで列車移動します。
美瑛16:28発→旭川17:02着
旭川17:38発→岩見沢19:17着
岩見沢19:36発→小樽21:13着



ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

日本最北端の地、宗谷岬

Posted by hissan on   0  0

稚内駅からレンタカーを借り、岬を目指します!


大きな地図で見る

まずは、駅から近いところにあるノシャップ岬です。
IMG_9780 (640x427)

こちらは宗谷岬より影が薄いですが、利尻島を綺麗に見ることができます。
IMG_9777 (640x427)

ノシャップ岬をあとにし、宗谷岬を目指します。
国道の標識はロシア語も表記されていました。
IMG_9788 (640x427)

道幅の広い国道を快調に走ります。
IMG_9802 (640x427)

ついに宗谷岬のある駐車場に到着。
しかし、記念碑のあたりは混んでいたので、先に昼食を摂りました。
稚内駅に隣接する、魚常 明田商店系列のお店です。
IMG_9818 (640x427)
海鮮丼と、かに汁を頂きました。
味は美味しかったです。ホタテが特に大きい!カニ汁は爪の部分が丸ごと入っていました。
ただ、元々岩手に住んでいることもあり、海産物のレベルはあまり大差ないといった印象でした。

食事を終えたあと、今度はみやげ屋の奥にある流氷館に入りました。
IMG_9822 (640x427)
-10度の世界。外気温とは30度差がありましたが、盛岡の最も寒い時と同じと言い聞かせて入りました。

最後に、宗谷岬に到着。
記念撮影する人がぞくぞくと来ていたので、隙を狙って撮影しました。
IMG_9839 (427x640)

せっかくここまで来たので、周辺をドライブしました。


これが、すごかった。日本とは思えぬ景色の数々!
IMG_9895 (640x427)

IMG_9871 (640x427)

フットパスコースともなっているこのあたり。
敷石かと思い、下を見ると・・・
IMG_9919 (640x427)
なんと貝殻でした!!

このあたり、あまりにも景色がいいので、運転を交代してもらい運転しました。
こういう爽快感はオーストラリアに行った時以来でした。

その後、稚内市内を走ったあと、列車の発車時刻となりました。
近くのセイコーマート(北海道名物)で食料を調達しました。

ザンギ、100円。
IMG_9963 (640x427)
さすが北海道。食料が安い!

稚内17:10発→名寄20:50着

いつの間にかカブトムシが乗っていました。
IMG_9990 (640x427)
虫は多いですねー

列車の待ち時間で名寄駅周辺を散策しました。
名寄市は大学が1つ、高校が2つあるので、自転車が多いです。
IMG_0001 (640x427)

平日の21時。人はほとんど歩いていません。
IMG_0034 (640x427)

スーパーはこんな名前のお店が。
IMG_0032 (640x427)
「SAIJO Qマート」
「最上級マート???」品質が'最上級'ということを売りにしているのかな??
と思って調べたら名寄市の商業施設の「西条」のスーパーverということでした。

そうこうしているうちに列車出発です。

名寄21:56発→旭川23:27着
IMG_0038 (640x427)

4日目終了。




ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

日本最北端への旅

Posted by hissan on   0  0

前日のことがあり、13日の朝まで諦めず切符を探していましたが、ついに諦める時がやって来ました。
旭川駅の改札に聞き、切符の落し物が届いていないか確認したところ、「届いていない」と。

噴出した際には再発行ができない「北海道&東日本パス」
ついに諦め、フリーパスを購入しなおしました。

経営不振のJR北海道に貢献できたと思えばいいかな。
すでに一万円分乗っているし、いいかな。

そんな考えを巡らせて旅を続けました。


この日は宗谷本線しか乗らないという単純なもの。
しかし普通列車の旅。遠いです。
259.4kmを約6時間かけていきます。
ちなみに特急なら3時間半なので、その差は歴然。

今回は急がない旅なので、もちろん普通列車でいきます。
旭川駅6時5分発→稚内駅11時52分着。
IMG_9599 (640x427)

IMG_9598 (640x427)

沿線は最初、田園風景を走っていきます。
それを背景にする駅もいい雰囲気を醸し出しています。
そして、沿線の駅の整備状況にも差がありました。

【下士別駅】
IMG_9606 (640x427)
ひらがなの駅名表示と自転車がかわいい感じですね。

【瑞穂駅】
IMG_9607 (640x427)
駅前花壇が行き届いています。バックの田んぼもgood

一方・・・
【紋穂内駅】
IMG_9632 (640x427)
これはひどい。北海道ではポピュラーな客車改造の駅舎ですが、塗装が剥がれて錆びてきています。

沿線の利用状況はというと、時間帯のこともあり、高校生が多かったです。
旭川では数人でしたが、途中の永山駅で多くの高校生が乗り、比布駅でも乗せました、
和寒駅では降りる生徒と乗る生徒が大勢いて1両編成の車内は満員になりました。
その後、剣淵駅で少し降り、士別駅では高校生が入れ替わりました。
東風連駅で少し降り、名寄駅では高校生が全員降りていきました。

沿線の高校生にとっては通学時間に使える列車がこれしかなく、大変だろうと思いました。
それでも1両で足りている状況なので、いかに沿線の過疎化や少子化が進行しているかわかりました。

乗っていると、一緒に行った後輩が落書きを見て爆笑していました。
IMG_9613 (640x427)
「死ね西田と高橋」

どんだけ恨みをもっているんだ、ストレート過ぎるだろ!など言って、ツボってました。

さて、列車は音威子府駅に到着です。
IMG_9634 (640x427)

ここでは28分ほど停車をするため、列車の外に出て、町がどのような様子か撮影しました。
IMG_9635 (640x427)

ホーム側からの駅舎です。
IMG_9653 (640x427)

とりあえず、駅前を歩き、国道に出てみようと行きました。
国道40号線です。
IMG_9643 (640x427)
すると、全日食チェーンのスーパーとたばこ屋さん、ちょっと行けば道の駅がありました。
駅や町のおそば屋さんは時間が早すぎてまだ開いてませんでした。

とりあえず、スーパーに寄り、ガムを購入。

駅前通りのシャッターにはアートが。
IMG_9642 (640x427)
つい1週間前に行われたようでした。

音威子府村は2013年6月30日の人口で822人ととても小さな町。
それでも高校があり、倍率が高いんだとか。
工芸科に転科し、生き残ったそうです。


さて、再び鉄道の旅です。
ここからはほんとに人口希薄地帯で、田んぼもありません。
雄大な天塩川と交わりつつ、北へと向かいます。
IMG_9682 (640x427)

途中、幌延駅で14分の停車。
駅前にいたおじさんに声をかけられつつも、駅を撮影し、乗り込みます。
IMG_9700 (640x427)

景観は牧草地帯へ移り変わります。沿線には牧草ロールが大量にありました。
IMG_9738 (640x427)
岩手でも見ますがこんなにも大量に置かれ、見渡すことはできないです。

そして、抜海駅をすぎ、雄大な日本海と利尻島が見えてきたら、もうすぐです。
IMG_9754 (640x427)

着きました!稚内!!
IMG_9759 (427x640)

運賃表を見ると、旭川からなんと5250円。つまり往復するだけできっぷの元が取れました!
IMG_9757 (640x427)

そんなの関係ない! ホームを見ると、まだレールは続いている。 
最北端の線路はどこか?

駅を出ると、その答えがわかりました。
IMG_9767 (640x427)

ここで線路が途切れています。これより北はありません。
ここが「日本最北端の線路」です。
思わず「おおぉぅ」と感動しました。

しかしここまで来たからには果てまで行きたい!
今度はレンタカーを借り、「日本最北端の地」を目指します!!

<続く・・・>



ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

網走から増毛へ

Posted by hissan on   2  0

北海道の旅3日目。
昨夜は暗くて見えなかったホテルからの景色です。
IMG_9285 (640x427)
網走川がすぐ横を流れていました。

この日は網走から北見、旭川、深川を経由し、留萌・増毛を目指しました。

朝、北見行きの列車に乗り、北見に到着。
IMG_9314 (640x427)

北見市は人口12万人の都市で、オホーツク海側では最も大きい都市です。
IMG_9312 (640x427)
北見でもあまり滞在できず、再び列車に乗りました。

ここからは「特快きたみ」です。
IMG_9317 (640x427)
特急とあまり変わらない所要時間で、普通運賃なのでお得です。
これに乗車し、旭川へ行きます。

ここで、石北本線の沿線で気になったところを紹介します。

まずは悲しい地名。
IMG_9325 (640x427)
「あいのない」

次は、これぞ北海道。
IMG_9336 (427x640)
果てしなく真っ直ぐな線路。

そして、前日よりも一面に広がる田んぼ。
IMG_9365 (640x427)
こういう景色を見るたびテンションが上がりました!

そうこうしているうちに旭川駅に到着。
ここで駅弁を買い、函館線へ乗り換えました。

疲れが溜まっている上、睡眠時間の確保のため、深川まで特急を使っちゃいました。
IMG_9377 (640x427)

その特急の車内で駅弁を食す。
IMG_9380 (640x427)

この駅弁は酢飯にウニ、イクラ、カニがたっぷり入っていました。
IMG_9382 (640x427)
味は最高!これで1000円は安い!

深川駅で特急を降り、留萌本線に乗り換えて増毛へ。

留萌までは田園の中を走る路線ですが、留萌からは景色が変わり、海岸を走ります。
IMG_9415 (640x427)

そして、増毛に到着。
IMG_9431 (640x427)

「ましけ」と読みます。「ぞうもう」ではありませんが、あやかり商品はあるようです。
IMG_9435 (427x640)

駅周辺を散策していると、近くに灯台があるようです。
そこを目指しました。

駅から500mほどで着きました。
IMG_9440 (640x427)

灯台下からの眺めはこんな感じです。
IMG_9441 (640x427)
しばらく眺めていると、近くに住む少し酔ったおじさんが声をかけてくれました。
政治論や経済論を熱く語られました(笑)
そのおじさんの話は筋が通っていて、説得力があり、面白かったです。

ただ、話ししているうちに列車の発車時刻が近くなり、別れを告げました。
いやー、旅は一期一会で楽しいですね。

このあと深川を経由し、旭川に戻るのですが、私は重大なミスをしてしまいました。

北海道&東日本パスを落とす。

なんと、あと4日の有効期限を残し、なくしてしまいました・・・
それもいくら探しても見つからず、結局翌日買うこととなりました。
しかもこの日は私の誕生日。忘れられない思い出となりました。

その後、旭川で梅光軒に行ってラーメンを食べました。
バターコーンラーメンの醤油味。
23 - 1
これは美味かったです!少し冷えた体を温めてくれました。

帰りは旭川の夜景を撮りながらホテルへ帰りました。
IMG_9587 (640x427)
人口35万人。北海道では第二の都市ですが、そこまで人が歩いているようには見えませんでした。
平日ということや、都市圏人口は39万人と盛岡ほどではないこと、車でないと帰れないことが影響しているのでしょうか。
それぞれの街に特徴があって面白いですね。
このあとも街について見ていきたいと思います。


旅はまだまだ続く・・・


ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

日本最長鈍行列車に乗って

Posted by hissan on   0  0

旅行2日目。函館から急行はまなすに乗ってきました。
函館到着が30分ほど遅れて、引きずるかと思いきや、札幌到着は定刻通りでした。
IMG_9070 (640x427)

まずは駅で朝日を浴びて・・・
IMG_9076 (640x427)

腹ごしらえします! 
この日は滝川、釧路を経由して網走まで行く長い旅。しっかり備えねば。

札幌で買った駅弁です。
IMG_9079 (640x427)

IMG_9080 (640x427)
鮭の風味が良く美味しいのですが、全体的にしょっぱかったです。

札幌から普通列車で滝川駅へ。
そこからこの列車に乗り、釧路に行きます。
IMG_9095 (640x427)

IMG_9094 (640x427)
この「2429D」は一つの列車番号で日本最長の308.4kmを走る鈍行列車です。
滝川を9時37分に発車し、釧路に17時39分に着きます。乗車時間は8時間2分。

乗り換えの手間が省ける意味では楽ですが・・・

水分補給に「ニセコwater」を買い、スタートです。
IMG_9100 (427x640)

沿線風景はさすが北海道。農地面積が大きいですね。
IMG_9130 (640x427)

途中の十弗(とおふつ)駅にはこんな看板が。
IMG_9210 (640x427)
「十弗駅は10$駅」
何のことか数秒考えてしまいました。十弗=10$か。確かに形はそうですね・・・
「10$を持って旅に出よう。きっといいことが待っている。」
旅している人の心をくすぐりますね


さて、8時間の旅ですが、これ以上書くとかなり長くなりそうなので中略。
終点近くまで飛ばします・・・


釧路に近づいてくると、海岸線しかないところを走ります。
IMG_9253 (640x427)

ここからまもなくすると、釧路駅に到着です。
IMG_9261 (640x427)

釧路市は人口18万人。道東の中心都市です。
さすがに駅前のホテル群は多いですね。
IMG_9265 (640x427)

しかし、旅は次の日の予定が関係して、釧路に宿泊できず。
わずか40分ほど滞在して、網走行きの列車に乗ることとなりました。
IMG_9276 (640x427)

途中、エゾシカと衝突し緊急停車。
車両は大丈夫だったので、10分ほどで復旧。さすが北海道。


網走に付き、宿に泊まりました。


ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

函館

Posted by hissan on   0  0

10日から1週間をかけて私は北海道を巡っています。
函館駅にてwifiがつながったため、ブログを簡潔に更新します!

江差線の来年から廃止になる区間に乗ったのですが、それは後日更新します。
函館駅に到着したところからスタートします。
IMG_8980 (640x427)
実は信号トラブルがあり、乗る予定の列車の一本前が約1時間20分遅れだったため、こちらに乗車しました。

そして、目的地はバス乗り場④からでる、函館山行きのバス。

少し揺られた後に辿りついた景色はまさに絶景!!!!

IMG_8994 (640x427)

その後、時間もなく、頂上のレストランでシーフードカレーを食べ、
IMG_9017 (640x427)

市電に揺られて湯の川の「ホテル雨宮館」で日帰り入浴。
IMG_9031 (640x427)

そして、今現在、函館駅で急行はまなすを待っている最中です。
IMG_9061 (640x427)

もうすぐ改札が始まるので、今日はこのへんで!!





ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

廃線となる木古内~江差間

Posted by hissan on   0  0

今回の旅の目的の1つ。
それは来年5月12日に廃線となる、江差線の木古内~江差間に乗ることです。

この区間はローカル輸送が主で、輸送人員は北海道で一番少ないとのことです。
北海道新幹線開業をきっかけに江差線が第3セクターで経営分離されます。
同じ路線名でも、五稜郭~木古内間は本州との連絡輸送を担う動脈なので、廃線とはなりません。

廃止区間全図です。
木古内~江差間 (640x356)
線形が悪く最高速度が65km/hなうえに、並行する道道があります。
これは廃止が避けられません。

この区間の列車は1日6往復。その一つに乗ります。
IMG_8879 (640x427)

IMG_8882 (640x427)
14:44木古内発→15:51江差着

沿線は田園風景からスタートします。
IMG_8884 (640x427)

しかし、しばらくすると山の中へ。
IMG_8911 (640x427)

上ノ国駅からは山を抜け、海側にでます。
程なくして江差駅に到着。
IMG_8924 (640x427)

乗車した人の多くは鉄道ファンでした。
思い思いに撮影をし、折り返し列車に乗車します。
IMG_8927 (640x427)

16:16江差発→17:22木古内着

江差から少し出たところで、夕方になりつつありました。
日本海のそばを走る線路はいいですね~
IMG_8954 (640x427)
この風景が見れなくなるのは残念ですが、あまり利用していないようなので仕方ないですね。

ところで、山に入った区間はトロトロ走っていたのですが、何キロだろうか?
速度計を見に行くと・・・
IMG_8971 (427x640)
35km/h・・・ 本線上でこのスピードです。
時刻表をみると、42.1kmを1時間ちょっと。スピードは遅いです。
これは車に対抗できませんね。


木古内駅周辺に来ると、新幹線高架橋が。
IMG_8974 (640x427)
再来年度、ここまで新幹線が来ます。
そのときには廃線となっているこの路線。
「さようなら」と思いつつ、函館へ向かいました。



ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

仙北地区の変化

Posted by hissan on   1  0

最近の仙北。
明治橋付近では拡幅部分の歩道の融雪設備を工事していました。
IMG_8784 (640x427)
この道路でボトルネックとなっているこの部分。市街地方面側から工事が進んでいます。
徳清倉庫のあたりはかさ上げが進んでいて、歩道はもうすぐといったところです。
冬までには完成してもらいたいですね。

ところ変わって仙北町駅西口。
IMG_8781 (640x547)
この種の地図は結構好きです。
「山水鳳」「かしむら」「サンクス」・・・
今はない店舗もちらほら。

そういえば「中島眼科クリニック」は最近閉院したようですね。

「アクトス」が異様に大きかったりと、いろいろ面白いがあります(^^)


おしまいは青物町。
真っ暗な住宅街に、明かりが。
IMG_8755 (640x427)
子どもたちの描いた絵や習字がありました。
仙北町は毎年神社やお寺、町内会でお祭りやっています。

ここのお祭りは線路を越えたところにある「駒形神社」のお祭りです。
毎年9月8日に行われています。今年は日曜日と重なったため、多くの人がいたそうです。

仙北町の界隈は古き良きところも残しつつ、これからも団結力の強い町であればいいなと思います。



【おしらせ】
10日から16日まで盛岡を離れ、旅に出ます。
宿泊先にはLAN設備があるらしいので、旅の記録として更新できたらと思います。
ただ、スケジュールが詰まっていますので、テキトーになるかもしれません。




ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

伊之助屋精肉店

Posted by hissan on   0  0

宮古市田老地区のグリーンピア三陸みやこ。
その仮設商店街「たろちゃんハウス」内にある精肉店が「伊之助屋精肉店」です。
震災前は国道45号沿いにあったようですが、津波被害にあってからは仮設店舗で営業をしています。

こちらの名物は手作りチャーシュー!
IMG_8727 (640x427)
持って帰ってくるときに冷えて脂が固まりました。

家ではチャーシューを炙って、ビールのおつまみに。
IMG_8728 (640x427)
味付けはしょっぱめでしたが、脂がとろけて美味しい。

これはチャーハンに向いているのではと思って、翌朝作りました。

<材料>
ご飯、卵、ネギ、チャーシュー、合わせ調味料
IMG_8736 (640x427)
これが絶品でした!!美味しい!相性抜群!

田老はこれからも研究関連で行く機会があると思いますし、祖母の家も近いです。
仮設店舗にはまた行きたいと思います。





ランキング用バナーです。東北食べ歩きの情報をもっと知りたい方、
このブログはイイネ!と思ってくれた方、ポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ



伊之助屋

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:豚料理 | 摂待駅

該当の記事は見つかりませんでした。