FC2ブログ

ネイティブ・モリオカン

平日は東京の文京区・中央区で生活。休日は・・・?

最近の盛岡の夕焼け

Posted by hissan on   0  0

旅行に行って、しばらく盛岡市内の写真を撮影していませんでした。
盛岡の写真は身近であるからこそ、日々を追っかけられる写真もあり、そこからいい作品ができることもしばしば。

今回は定番の撮影スポットです。
IMG_0825 (640x427)
高松の池。普段は近所の人や高校生のランニングコースであり、春は桜の名所として賑わいます。
夕焼けの空が美しく、撮影しました。

それにしても、秋が深まるに連れて夕焼けも美しくなってきました。
通学している途中の明治橋で、カメラを取り出して撮影する人がたまにいます。

皆、画質の良い携帯カメラは常に持っていると思うので、それを撮影し、twitterなどでつぶやく人もいるのでしょうね。

一方で、盛南地区の動き。
今月、整備されていた遊歩道が供用開始しました。
IMG_0828 (427x640)
農弁道の跡地などが挙げられます。
今年度もあと半年。来年3月の盛南地区都市整備の工事完了に向けて着々と進んでいます。




ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



しばらく、旅特集します。

Posted by hissan on   0  0

お知らせします!

先週行ってきた「北海道の旅+α」は一眼レフカメラを持ち歩き、気がつけば1800回シャッターを切っていました。
その数多くは駄作ですが、
IMG_9000 (640x427)

自分が気になったことを中心にまとめようと思います。
記憶はどんどん薄れていくと思うので自分の記録にするために書こうと思います。

できれば25日30日までに全て投稿しようと思います。

日付は旅した日に合わせているので、見たい人は下から覗いてください。
記事が出来次第追加していきます。

【北海道】
タグ:旅日記in北海道
個別記事:
 1日目→廃線となる木古内~江差間函館
 2日目→日本最長鈍行列車に乗って
 3日目→網走から増毛へ
 4日目→日本最北端への旅日本最北端の地、宗谷岬
 5日目→富良野・美瑛の旅小樽
 6日目→函館本線の山区間(SLも)札幌を歩く
 7日め→弘前の弘南鉄道へ
 (8日目は休養日)
【+α】
個別記事:
 9日目→気仙沼線のBRT良い雰囲気とともに、ソースカツ丼
 10日目→秋田市内を散策

なお今後ですが、学生という立場上、研究をし論文を書かないといけません。
更新頻度が減ると思いますし、一眼レフを持ち出す回数も減ると思います。
ブログに広告が出ないよう、最低でも月1度は更新しようと思います。
すみませんがよろしくお願いしますm(__)m


ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

秋田市内を散策

Posted by hissan on   0  0

北海道でも目にした、秋田デスティネーションキャンペーンのチラシ。
10月~12月まで行われるそうです。
この機会だから、列車で行ってみよう!

というわけで、田沢湖線の始発に乗って秋田を目指します。
途中、田沢湖からは通学の高校生に混じり、電車に乗っていました。
高校生は大曲で大半が下車しました。

その後、秋田行の快速列車に乗りました。

そして、秋田に到着。
1997年の秋田新幹線開業時に建て替えたこともあって、新しいです。
IMG_0820 (640x427)

盛岡が古いだけに新鮮に感じました。

駅東口へと進むと、
IMG_0779 (640x427)
フォンテ秋田や西武といった商業エリアに出ます。

散策する前に、駅のうどん屋で朝食をとり栄養補給。
そして、観光案内所へ進むと、レンタサイクルの文字。
しかも、秋田市内在住でない人は無料で貸してくれることもあり、お得!!

その自転車を使い、千秋公園の周りをサイクリング。
IMG_0796 (640x427)

IMG_0814 (640x427)

IMG_0815 (640x427)
城跡の公園ということもあり、景観がいいですね。


次に訪れたのは「秋田市立赤れんが郷土館」
IMG_0801 (640x427)
旧秋田銀行の本店として使われていた建物で、現在は伝統工芸品が展示されている施設となっています。

次はその近くの川反周辺を見ていきます。

古くは芸者街として親しまれたこの周辺。
現在は一地方都市の繁華街として、夜は賑わうそうです。
IMG_0803 (427x640)

平日の昼はご覧のように閑散としていました。
IMG_0804 (640x427)

通りの横には川が流れています。建物は川沿いにまで迫っていました。
IMG_0805 (640x427)
独特な景観を形成しています。

もう少しじっくり歩いて見たいところでしたが、電車の時間が迫り、帰ることに。

秋田デスティネーションキャンペーンが10月から始まります。
この機会に秋田の魅力を再発見する旅に出かけてみては??



以上で旅特集は終了です。長い間ありがとうございました!!




ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

良い雰囲気とともに、ソースカツ丼

Posted by hissan on   0  0

岩手県民ですが、一関の町並みをまともに見たことがなく、今回フリーパスを使って一ノ関駅に行きました。
IMG_0740 (640x427)

駅から周辺の街並みを見つつ、食事するところを探していました。
IMG_0746 (640x427)

そこで出会ったのは駅前にお店を構える「松竹」です。
IMG_0745 (640x427)

内装は良い雰囲気が出ています。味が出ていて落ち着く空間でした。
IMG_0744 (640x427)

ここの人気はカツ丼。私も食べたくなり注文しました。
出てきたのは「ソースカツ丼」です。卵とじではありません(もちろん知っていて注文しました)。
IMG_0743 (640x427)

カツは衣や肉は薄めで3枚のっていました。カツの下にはキャベツが敷かれていました。
味はさっぱりとしてました。パン粉が細かいため、油をそこまで感じません。

気さくな女将さんがこのお店を切り盛りしていました。
自分のことを気にかけてくださって、話しやすい雰囲気を持った人でした。
訪れた際には女将さんと話すのも面白いと思います。


ランキング用バナーです。東北食べ歩きの情報をもっと知りたい方、
このブログはイイネ!と思ってくれた方、ポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ



松竹

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:かつ丼・かつ重 | 一ノ関駅

気仙沼線のBRT

Posted by hissan on   2  0

切符の余った有効期間でどこをめぐるか。
アルバイトやお金のこともあり、必ず家に戻るスケジュールを組まなければならず、検討した結果、

気になっていたBRTでも見に行くか。そして、次の日は秋田にでも行ってみよう。

というわけで、始発で一ノ関に行き、乗り換えて気仙沼に行きました。
IMG_0650 (640x427)

バス停は方面別に分かれていました。
IMG_0654 (640x427)

私は柳津方面へ乗車します。
IMG_0659 (640x427)

8:55気仙沼を発車。
IMG_0660 (640x427)
まあまあ乗客はいました。
でも、列車の時よりは少ないのでしょうか。バスで空席がありますので。

震災前は気仙沼から小牛田まで直通する列車が多かったのですが、
系統が変わり、小牛田まで行くのには柳津と前谷地で2回乗り換えなければならない場合が多いです。

乗車していて思ったことは、やはりあくまでも「路線バス」であることです。
乗り心地は舗装や線形の影響を受けます。車両は新しいので、問題はないとおもいます。
あと、速度は上げても60km/hほどでしょうか。どうしても鉄道よりは遅くなってしまいます。

一方で、このような景色を見られることは利点ですね
IMG_0666 (640x427)

また、専用道区間は、自家用車に邪魔されずスムーズに走ることができます。
鉄道トンネルを転用してバスが通っているところもいいですね。
IMG_0677 (640x427)

こちらは本吉駅です。
IMG_0673 (640x427)
駅舎が少し改造されて、BRT待合室となっていました。

そして、最後は新たな専用道区間。
IMG_0685 (640x427)
9月5日から供用されました。
私が乗ったのはベイサイドアリーナ経由でしたので、ここは通過しませんでした。

そして、10:54柳津着。
IMG_0704 (640x427)
周辺は住宅が少しあるくらいで、町に行くにはもう少し距離があるようです。

乗り継ぐまで微妙な時間だったので、周辺を散歩して列車に乗ることとしました。




ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ

該当の記事は見つかりませんでした。