FC2ブログ

ネイティブ・モリオカン

平日は文京区・台東区・千代田区・中央区で生活。休日は・・・?

岡本太郎美術館へ

Posted by hissan on   0  0

3月17日のこと。
この日は小田急線と千代田線でダイヤ改正が行われ、私の住む千駄木から小田急線の駅まで直通で行けるようになりました。
千駄木駅からは成城学園前駅、向ヶ丘遊園駅、相模大野駅、伊勢原駅と4つの行先が追加となりました。

私が駅に行ったとき、急行向ヶ丘遊園行きが来たので、終点まで乗ってみました。
向ヶ丘遊園駅は川崎市多摩区にある駅で、かつてあった遊園地から名付けられた駅とのことです。
駅舎が良い味をだしてます。
IMG_5247 (800x533)

私は逆の出口に行き、生田緑地に行くことにしました。
歩いて10分ほどで到着。
IMG_5250 (800x533)
この生田緑地にこそ、かつて遊園地があったそうです。

レストハウスの近くの桜は咲いていました。
IMG_5251 (800x533)
ちなみにこの日、東京で桜の開花宣言が発表されました。

緑地内は客車や機関車が保存されていました。
IMG_5252 (800x533)

IMG_5253 (800x533)
ちゃんと手入れがされています。
また、緑地内には様々な施設があります。
・日本民家園
・かわさき宙と緑の博物館
・伝統工芸館
・岡本太郎美術館

そのうち、私は岡本太郎美術館に行きました。
IMG_5255 (533x800)

屋外には作品が展示されていました。
IMG_5266 (533x800)

IMG_5268 (800x533)
入場券を購入し、いざ入場。

おっと、ここで、岡本太郎の作品は撮影禁止とのことだったので、私の印象を書きます。
どれもエネルギッシュな作品ばかりでした。
見ていて色々な解釈が思いつきました。
岡本太郎の生前は興味の幅が広くて、実演で車に描いたり、独学でピアノが弾けるようになったり、テレビ・ラジオに出演したりしていたそうです。
私が幼いころに亡くなっているので、記憶がないのですが、今生きていたらネットをどう活用したのかなと気になりました。

企画展では、「第21回岡本太郎現代芸術賞展」の優秀作品が展示されていました。
個人的に、どの作品も面白い発想がなされていて、岡本太郎が言っていた「芸術は爆発だ!」をまさに表したものでした。
こちらは撮影可能ということで撮ってきました。

こちらはトップ賞である岡本太郎賞の作品です。
IMG_5260 (800x533)
「芸術はロックンロールだ」/さいあくななちゃん

女の子(作者)が思っていることを存分に書いたような印象で、喜怒哀楽が表現されていると思いました。
ブースを目いっぱい使い、全体的にピンクで表現されていて、とてもパワーを感じました。

こちらは黒い何かに一つ一つ書いて、集めて表現したようです。
IMG_5257 (800x533)
「拓」/橋本悠希

黒い何かの一つ一つはiPhone(両側のみ)。
人を表現した所には和紙が使われているようです。
和紙にiPhoneをつけて表現しているようですね。
近くで見たり、遠くでみたりすると、印象が異なってとても楽しいですね。

その他、実際に作者がパフォーマンスをしている作品や実際にモノを燃やして作った作品など、表現方法が多岐にわたり、見ている人の心をくすぐる作品ばかりでした。

たのしく芸術に触れることができました。

この展示は4月15日(日)まで、川崎市の岡本太郎美術館で行われています。

【参照】
・向ヶ丘遊園駅(小田急HP) https://www.odakyu.jp/station/mukogaoka_yuen/ 
・岡本太郎美術館 http://www.taromuseum.jp/
・生田緑地 http://www.ikutaryokuti.jp/


ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nativemoriokan.blog.fc2.com/tb.php/887-4def82d5
該当の記事は見つかりませんでした。