FC2ブログ

ネイティブ・モリオカン

平日は文京区・台東区・千代田区・中央区で生活。休日は・・・?

十和田市現代美術館

Posted by hissan on   0  0

結婚式の主役の友人の薦めで、十和田市現代美術館にやってきました。
基本的に作品の撮影はOKで、一か所だけ撮影不可の所がありました。

入場料を支払、入館。
最初に圧倒されたのは、この女性の像でした。
1Q5A0427 (533x800)
大きさに圧倒されましたが、
肌の色味、血管の感じ等、隅から隅まで人を良く見た作品だと思いました。

次は、この作品。
1Q5A0429 (800x533)
夜の高速道路ですが、これは座って、道路上から見下ろす感じで見ています。

こちらは、球体がいくつも連なっていますが、
1Q5A0436 (533x800)
脚立を使って中に入って撮影をしています。
不思議な感覚になります。

これは、人が肩車している様子が、天井まで連なった作品
1Q5A0450 (800x533)

1Q5A0452 (533x800)
圧倒されました。

見るだけでなく、作品の世界に自分が入って、その世界観を存分に楽しむことができます。
他の美術館にはなくて、美術に興味の薄い私でも楽しめました。

こちらは、企画展の作品。
布で、部屋が表現されています。
1Q5A0464 (533x800)

1Q5A0465 (533x800)
緻密であり、壊れやすく、はかなさもある作品でした。

屋外でもこんな建物があります。 
1Q5A0472 (800x533)
扉や窓で顔になっているような感じです。

また、屋外では、おっちゃんがアイスを売っていました。
こんな感じ。
 1Q5A0475 (533x800) 
これまた芸術的な作品ですね!
味は、シャーベットで、そんなにミルク感はありませんでした。

お昼は、十和田名物のバラ焼きで。
1Q5A0478 (800x533)たまねぎの甘みが強く、ごはんに合うし、お酒のおつまみにもなる食べ物でした。
過去に別のお店のバラ焼きを食べたことがありますが、ここのは特に美味しかったです。

十和田での旅を済ませ、友人に八戸駅まで送ってもらいました。
ここで、友人とはお別れをし、東京に戻りました。


東北に行って最近思うことなのですが、
あれ、地元の人ってこんなに訛ってたっけ?と。
東京の標準語に聞きなれてしまったのでしょうかねえ。

TVが家庭にあって、標準語を聞く機会が増えているとはいえ、
訛りが残っているのは、地元らしくていいなあと思います。
東京に来た私が言う立場にはありませんが、これからも訛りが残ってほしいなあと思いました。



ランキング用バナーです。
このブログはイイネ!と思った方、是非ともポチっとクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://nativemoriokan.blog.fc2.com/tb.php/934-0b3567a2
該当の記事は見つかりませんでした。